旦那 帰宅遅い事はほぼ関係ない

気ままな猫さんだった。「へ?」旦那 帰宅遅いわ。「何の話?」昔をよく...思うの。「昔?」学生時代、胸を焦がすほど憧れた存在。

「へえ、ロマンスね」でも、結ばれなかったわ。「何故?」旦那 帰宅遅いから。「あー...」やっぱり無理だった。「ん?」私、長らく嘘を吐き続けてた。

「嘘?」亭主へ、自分へ。「どーゆー事?」本心から好きな人を無理やり見ず、かりそめの幸せを求めてた。「今の亭主さん?」馬鹿な話ね。

皆、それが最良と教えてくれたけど、全然違うわ。「現実と理想のギャップかぁ。大きな隔たり、あって当然」まったく困った話よね。本当に好きな人、余所におるとゆーに。

「此方も旦那 帰宅遅いぜ」きっと今や世界中に伝播する筈。「え?」皆よ、今付き合ってる人へ不満が溢れ返り、本心、気付く筈。

「本心か。旦那 帰宅遅い事が許せん」で、初心へ戻る訳。そうすれば、絶対...後悔せず幸せに...。

「ちょ、大丈夫!?ふらふらしてるけど?」少し寝不足。「早く横になれば?」大丈夫、うん。

だいぶ前に朝の情報番組で、洞爺湖近くにあるジェラートショップの紹介を、やっていた。洞爺は温泉観光地なんで、割と行く頻度が高い。

これは、「いつか」の為に覚えておこうとチェックしといたけど、ついにその「いつか」が来た。宿泊したホテルで、朝食バイキングを少し控えめにし、チェックアウト後に直行。

牧場が経営する「レイクヒル・ファーム」へ向かう。驚いたのは、意外に大きな店舗だという事と、行列が出来ていた点。

店の前には綺麗な花畑が広がっていて、思わずカメラをパチリ。ジェラートは、2種類選んで350円。ついでに旦那へお土産に、さけるチーズの超ロング版を買った。

情報誌等にも掲載されてるだけあり、人気の高さも納得。すごく美味しかったんで、また絶対に行くわ。

ムダヅモ無き改革 単行本、中々ね。「へえ、確か大和田作品の麻雀漫画?」ええ、ご存じ?「アニメだけ見たよ」うわぁ。「何でひく訳?」

確かに映像作品として、見事!と言えるほど、クオリティ高く、声優、キャスト他も一流。これは認める、けどね、話数が少なすぎ!

「OADだっけ?」OVAよ。「あ、DVD?」馬鹿にしてる訳?「ごめん」ともかく、もっと読むべき!ムダヅモ無き改革 単行本を!

「んー。見た事すら...」ちょ、それで語れて?ファン失格!「いや、そこまで思い入れが...。私、女だもの」私も女!

「麻雀漫画好きな人、初めて見たよ」ムダヅモ無き改革 単行本位、誰でも読むわ!何?男子のみ?!「そーゆー訳じゃ」ま、変わってる事は認めるわ。

けど、ムダヅモ無き改革 単行本!これの魅力、是非理解せい!そりゃ敷居が、少し高いかもしれんよ、ルールが分らなきゃ、さっぱり。

ギャグ主流で、お世辞にも規則など守っちゃねーけど、やっぱ笑える!これほど抱腹絶倒つー言葉が似あう作品、他に存在せぬわ。「過大評価じゃ」